福井県立盲学校

◆拡大ページは こちらから。
アクセス
サイトマップ

盲学校ってどんな学校?

福井県に1校

福井県立盲学校は、平成25年に創立100周年を迎えた、伝統ある学校です。福井県に1校しかないので、県内から生徒が集まってきています。そのため、寄宿舎があります。家が遠い人は、寄宿舎で生活しています。月曜日に学校に来て、金曜日に家に帰ります。

東京都や大阪府のように人口が多いところ、北海道のように広いところでは、2校以上の盲学校があります。


見る力が弱い人、ない人のための学校

盲学校では、見る力(視力)が弱い人や目の見えない人やが学んでいます。見る力が弱いといってもいろいろです。目を近づければ見える人や、見える範囲が狭い人、マジックで書いた太い文字が見える人、光がわかる程度の人など、さまざまです。

そのために、いろいろな方法で学んでいます。点字を使って学んでいる人もいれば、大きく太くした文字で学習している人もいます。みなさんと同じ教科書を使っている人もいます。

実は、見えない人よりも見える人の方が多いのです。

教室内の様子 教室表示

幼稚園、小学校、中学校、高等学校がいっしょ

盲学校には、幼稚部、小学部、中学部、高等部があります。高等部には、普通科と理療科があります。幼稚部、小学部、中学部、高等部普通科は、普通の学校と同じです。高等部理療科は、あん摩、マッサージ、鍼灸師を目指す学部で、10代後半から50代までの幅広い方々が勉強しています。


何を勉強しているの?

みなさんと一緒です。国語、算数(数学)、生活、社会、理科、保健体育、技術・家庭、図工(美術)、音楽、英語、総合的な学習の時間など、学習することは同じです。ひとつだけ違うものがあります。それは、「自立活動」です。歩く練習や見る練習などをします。見えにくくても上手に生活するための学習をする時間があります。人数が少ないので、中・高の体育や音楽は一緒に学習しているものもあります。ただし、理療科には専門の教科があります。


遊びや運動

休み時間には、みなさんと同じような遊びをしていますが、目印をつけたり、音が出るようにしたりしています。ボールを使った運動では、空中を飛んでくるボールの動きはわからないので、ボールを転がすルールにしています。バレーボール、野球、卓球などすべてボールを転がします。ボールの中に鈴を入れ、その音をたよりに動くものがあります。たたいたりして衝撃をくわえると音楽が流れるメロディボールもあります。


学校行事

体育大会や文化祭、弁論大会など、いろいろな学校行事があります。幼稚部の幼児から高等部の生徒まで、みんなが協力し、楽しんでいます。体育大会では赤白の二色に分かれ、毎年、熱戦を繰り広げています。徒競走、綱引きはもちろんのこと、みんなが楽しめる種目もたくさんあります。全盲の人は、伴走者(全盲の人が安心して走れるよう、周りの状況を知らせる人)と一緒に走ります。文化祭では、舞台発表やアトラクションがあります。弁論大会で優秀な成績をおさめた人は、近畿大会、全国大会などに出場することができます。

体育祭 文化祭

部活動

野球部、卓球部、フロアバレーボール部、陸上部、水泳部、音楽部、茶華道部があります。生徒の人数が少ないので、いくつもの部活に所属している人もいます。運動部では、皆さんと同じように走ったり、跳んだり、ボールを使ったりしてスポーツを楽しんでいます。ただ、盲人用のスポーツであるため、ルールが少し異なります。球技は主にボールを転がしてプレーします。陸上競技などは音を頼りに走ったりします。ルールは全盲のプレーヤーが試合の中で不利にならないように考えられています。それぞれの部活には大会もあります。その大会に向けて日々汗を流して頑張っています。文化部は主に文化祭に向けて活動していますが、近畿地区で発表する機会もあります。

フロアバレーボール部 水泳部

校舎の様子

点字ブロック

みなさんの学校と同じように、理科室、技術室、家庭科室、美術室、音楽室、体育館があります。教室は、人数が少ないので、小さめです。廊下のところどころに点字ブロックがあります。点字ブロックには、危険を知らせる「停止ブロック」と進む方向を知らせる「誘導ブロック」があります。玄関や校門には、場所を知らせる「音声誘導装置」がついています。

盲学校の生徒は、目が不自由なので、不便なこと、できないこともありますが、楽しく学校生活を送っています。街の中で、点字や点字ブロックを見かけたら、盲学校で学んでいる友達のことを思いだしてください。


校歌

こちらから、オルゴール曲を聴くことができます。


校章

校章

(昭和31年12月24日一部改正)

福井県と関係の深い「雪の輪」に、点字の「六つの点」を分散させ、中央に図案化した「盲」の字をおいたものです。

旧校章

校章

(昭和8年9月25日制定)


校訓

校訓

創立百周年を記念して幼児児童生徒とその保護者、教職員に公募し、検討を経て選ばれました。

幼稚部から大人まで、幅広い学びあいと、障害を越えた助けあい、みんなが一体となって奏でるハーモニー(響きあい)を表し、あいは「愛」と「eye」をかけています。

(平成25年9月29日制定)